成果の出るHPを制作するために

大阪のホームページ制作会社セブンデザインが運営する成果の出るウェブサイト制作・運営・SEO情報ブログです。

SEOの更新とは何か

現在SEOを行われている方は、どのようなことをされているのでしょうか。

例えば、ホームページ内のタグを変更したり、ページの上部のテキストを少し変えてみたりなど、単純なホームページの更新を行っているのではないでしょうか。

しかし、これらのコンテンツの改定は、ほぼ成果が出ないと言っても過言ではありません。

SEOに効果的なホームページの更新とは、新規ページを作成したり、ページの修正を行う際には、改定前と改定後で500文字ほどの原稿量の差が出ているモノにしなくてはなりません。

タグの改善は重要

SEOにおいて、タグを少し変更するだけでは成果はありませんが、タグをしっかりと改善することで、SEO効果を飛躍的に高めることが可能です。

ホームページのタグをグーグルが認識しやすいようにリライトを行うことで、ホームページの内部SEOは改善され、ホームページのすべてのページの情報を正確に認識してくれることが可能になります。

そのため、タグを全面的に改善することは重要であり、そうすることが内部SEOの基本となり、多くのホームページ作成会社が実施している内容になります。

少しのリライトは効果ない

SEO効果を上げるために、リライトを行われる方は多くいらっしゃいますが、リライトを行う際には、そのページのキーワード頻出度が変わる位原稿を変更していかなくてはなりません、

グーグルなどの検索エンジンは、ページ内の情報を意味を理解して閲覧しているのではなく、そのページのキーワード頻出度をカウントしています。

そのため、ページ内の1行の文言を少し変えただけでは、グーグルの検索結果ページでの順位が変わることはほぼありません。

そのため、リライトを行う際には、該当ページの集客キーワードを確認し、そのページに不要と思われる箇所の削除と不足しているコンテンツの追加を実施することが重要です。

ユーザ目線でコンテンツ改定

SEO更新を行う際に、ホームページにあるすべてのページを確認して、ユーザ目線になっているか、またなっていない場合はそのページのリライトを実施します。

このリライトは非常に重要になっており、ホームページ内にあるページが検索エンジンユーザにとって有益であればあるほど、SEO効果は大きく向上します。

そのため、ホームページの改善を行う際には、単に言い回しを変えたり、同義語を使って文字を変えるのではなく、ホームページ全体を検索エンジンユーザのために作成していくことが重要になります。