成果の出るHPを制作するために

大阪のホームページ制作会社セブンデザインが運営する成果の出るウェブサイト制作・運営・SEO情報ブログです。

サテライトサイト制作の効果

被リンク対策をご存知でしょうか。

被リンク対策とは、他のウェブサイトからリンクをしてもらうことを言い、被リンクを実施することで、検索順位を上昇させることが可能です。

この被リンクの獲得法は、グーグルなどの検索エンジンで調べると、良質なコンテンツを作成して、ツイッターフェイスブック、インスタグラムで拡散することで、そのページに訪れた訪問者のうち、ブログやホームページを管理されている方が、リンクを張って紹介してくれると書かれていますが、実際にはある程度ウェブサイトが起動に乗らなければ、リンクの獲得は難しいものとなります。

そのため、ホームページ公開当初であれば、自分で被リンク対策を行っていく必要があり、それらの被リンク対策としてサテライトサイトを作成します。

サテライトサイトの注意点

サテライトサイトとは、本体サイトとは別のウェブサイトのことを言い、サテライトサイトを作成し、本体サイトへとリンクを行うことでSEO効果を高めることが可能です。

しかし、サテライトサイトは闇雲に作成しても成果が出ることはなく、しっかりとルールに則って制作し、さらには被リンクの張り方などにもルールがあります。

ユーザ目線で制作

サテライトサイトを作成する際には、闇雲に作成したり、内容が全くないようなホームページとするのではなく、サテライトサイトにあるすべてのページで、ユーザ目線で構築することが重要です。

サテライトサイトはリンク目的で合ったとしても、リンクの価値やホームページの価値はグーグルが決めるため、グーグルに認められなくてはそのリンクはまったく意味がないものになってしまいます。

そのため、原稿量やページ数、画像の利用法など、細部までこだわってサテライトサイトを制作することで、本体サイトのSEO効果を高めることが可能になります。

リンクはテンプレートに設置しない

サテライトサイトを制作する際に、最も簡単にリンクを増やす方法はテンプレートに本体サイトへのリンクを設置することになります。

しかし、グーグルなどの検索エンジンは、テンプレート位置を正確に把握しているため、テンプレ―トに設置されたリンクは、価値を大きく落とすか、もしくは無効化されてしまいます。

そのため、本体サイトでのSEOが目的としてサテライトサイトを制作している場合は、必ずテンプレートに設置しないようにしなくてはなりません。

無料ブログでも効果がある

サテライトサイトを制作するのに、無料ブログは効果がないという記事をよく見かけます。しかし、実際に弊社では無料ブログを活用して、サテライトサイトを作成していますが、どのホームページも効果の大小はありますが、効果は出ています。

では、どのようにサテライトサイトを作成しているかと言うと、通常のホームページ同様に、そのコンテンツ内容を意識して、検索エンジンユーザが満足できるようなコンテンツを作成しています。

良質なコンテンツであれば、無料ブログであれ、通常のホームページであれ成果は出てきます。

リンク数には注意

サテライトサイトを作成する際には、むやみにリンクを設置するのではなく、本当に価値のある記事に対してのリンクを行っております。

リンク数的には、10記事に対して1リンク程度となっており、記事の作成は大変ですが、それでもリンクを行うことで、SEO効果を得ることができています。

ただし、リンク数が多い、または訪問者数が多いウェブサイトは、グーグルのチェックが入るため注意が必要です。

サテライトサイトでもユーザーのために

サテライトサイトであってもユーザ目線で制作することが重要です。

検索エンジンで上位表示したいとお考えであれば、グーグルが定めたルールに則ってホームページを制作することが重要で、そのためにはサテライトサイトもコンテンツ量の意識やデザイン性などさまざまなことを気を付けなくてはなりません。